ジャパンネット銀行カードローン

ネットからカードローン申し込むならココがおすすめ!

ジャパンネット銀行カードローンの評判

ジャパンネット銀行のカードローン、ネットキャッシングにはさまざまな特長があります。

 

 現在の金利は年率2.5%〜18%。18%は利息制限法で10万円以上融資する場合の上限金利ですから、銀行系カードローンの中では金利高めといえます。一方、2.5%はカードローン中トップクラスの低金利ではないでしょうか。

 

 最大利用限度額は1000万円にしています。これはカードローン中でも最大級です。この限度額を使える人は、金利も2.5%なのでしょうから、かなり使いでがありそうです。

 

 この金利と利用限度額から察すると、比較的収入の多い層を狙ったカードローンだと思います。同じ三井住友銀行系の消費者金融プロミスが利用限度額300万円で抑えてある一方、最高金利は17.8%と、他の消費者金融より若干低くしているのとは対照的です。おそらく同グループ内で棲み分けをやっているのでしょう。

 

 ネットキャッシングでもっともおもしろいサービスと感じたのが、自動融資です。これはジャパンネット銀行を自分のメイン口座にして、このカードローンはもちろん、公共料金やクレジットカード、保険料などの引き落としを集めておくと、もしうっかりして残金がすべての引き落とし額に間に合わなかった場合でも、自動的に不足分を振り替え融資してくれる、という機能です。

 

 もちろん、自分の口座をしっかり管理して引き落としに間に合うように余裕ある資金を置いておくのは当然のことであり、それができずに契約違反をしてしまうのは愚かだと言えるでしょうが、現実には忙しい毎日、つい忘れてしまうということはよくあることです。そしてそんなことで一番大切な信用を失ってしまうのはとても残念なことです。

 

 この自動融資はそんなうっかりミスを未然に防いでくれるありがたいサービスです。たとえメインのカードローンとして使わなくても、このサービスのためだけにジャパンネット銀行をメイン口座にしてネットキャッシングに加入するのもありかな、とさえ思いました。

 

ジャパンネット銀行カードローンについて

カードローンを利用することで、お金がなくなってしまった時もすぐに対応することが出来るようになりますので、出来るだけカードローンは持っておきたいところです。ジャパンネット銀行のカードローンは、申込みがとても簡単でスムーズに行うことが出来るのが特徴です。利用額が200万円までの利用でしたら、収入証明書も必要ありませんので、簡単に申込むことが出来ます。申込みに関してもインターネットから簡単に行うことが出来ます。ジャパンネット銀行の普通預金口座を持っている方なら、平日の9時から14時までの申込みで200万円の利用なら、最短で60分で審査が終わりますので、スピーディーにお金を借りることが出来るようになっています。初回の借入日から何度でも30日間は無利息で利用することが出来ますので、少しお金がなくてすぐに返済することが出来る場合は、金利も支払わずにお金を借りることが出来ます。何度でも借入することが出来るようになっていますので、必要な分に応じて利用することが出来る点も大きな魅力です。金利に関しては年利で2.5%から18%となっています。しかし金利は変動金利ですので、金利の情勢によっては変更することがありますので、事前にしっかりと確認することが重要です。借入することが出来る金額は1000万円までとなっていますので、大きな金額のお金が必要な場合でも利用することが出来ます。現金を引き出す時は、提携しているATMから引き出すことが出来ますので、近くのATMで手間も掛からずに現金を引き出すことが出来るようになっています。返済する方法は、口座から引き落として返済しますので、返済においても手間も掛からずに行うことが出来るようになっています。口座引き落としですので、約定返済日までに口座に入金するようにしておけば、スムーズに返済することが出来ます。約定返済日は指定することが出来ますので、しっかりと日にちを覚えておいて入金することが重要です。

銀行ローンと住宅ローン

銀行ローンと言えば、住宅ローンというイメージがありますが、銀行の住宅ローンには色々な種類の住宅ローンがあります。

 

 

例えば、新築のための住宅ローンも当然ありますが、増改築をするためのローンもあります。

 

また、リフォームをするためのローンもありますし、土地を購入するためのローンもあります。

 

 

銀行の住宅ローンといえども種類は豊富なので、目的に合うローンを利用する事が大切です。

 

また、同じ住宅ローンでも商品に伴うサービスの内容や取り扱いは銀行により異なります。
そのため、住宅ローンの借入を検討する場合は、各銀行の住宅ローンを比較し選択しなくてはいけません。

 

 

例えば、住宅ローンでも「今のローンよりあっちの銀行のローンが金利も安いし返済が楽かも‥」等という事もローンを利用するに伴い起こります。

 

その場合に適するローンは、住宅ローンの中でも借換え専用のローンです。
そのローンを利用し、今利用中のローンよりも条件のよい住宅ローンへ借換えます。

 

また住宅ローンには、住みかえローン等もあり、この場合は今住んでいるお家を手放し新しくお家を購入される場合に利用します。

 

更にお家の建て替えを考える場合は、建て替えローンが適しており、建て替えローンはお家の建て替えがスムーズに行われるようにサポートをするローンとなります。

 

 

このように住宅ローンには、色々なローンがあり、各銀行によりそのローンに伴う条件等は違います。

 

もちろん、金利の部分も違い、もっと種類が豊富な住宅ローンがある銀行も存在します。

 

また、中には諸費用ローン等を扱う融資機関もあります。

 

この諸費用ローンとは、消費税や不動産の仲介手数料、保証料等の住宅取得に伴う費用の支払いをサポートするローンですが、こうしたローンを利用する事により住宅取得もスムーズに行われます。

 

このように住宅ローンの種類は豊富で、銀行のローンを利用する事により住宅購入もスムーズに行われます。

 

ですが、住宅ローンはその借入に必要な費用も相当額になるため、利用の際には各銀行のローンをじっくりと見比べより負担の無いローンを選ばなくてはいけません。